ウッドデッキのおすすめサイズ 床板・根太・大引 | ブログ|ウッドデッキ材の販売ならウッドデッキ通販のDecks(デックス)

樹種から探す

部材から探す

コンテンツ

ガーデン製品

シェアする

  • facebook
  • twitter
  • google+

カテゴリー一覧

人気キーワード

お支払い方法

LINEでお問合せはこちらから

@wood_decksウッドデッキ通販のDecks(デックス)OFFICIAL Instagram
デッキ材比較ランキング
施工専門姉妹店はこちら

ウッドデッキのおすすめサイズ 床板・根太・大引

トップページ > ブログ一覧 > よくある質問 > ウッドデッキ全般 > ウッドデッキ材料 > コンテンツ > ウッドデッキのおすすめサイズ 床板・根太・大引

こんにちは、デックスです。

 

ハードウッドで作成するウッドデッキの床板、根太、大引、束柱など、それぞれのおすすめサイズについて説明します。ウッドデッキの作り方は無限にあると言ってよく、正解はありません。施工方法や、ウッドデッキの高さ、シチュエーション(ローデッキ、ベランダ、傾斜地、空中、変形等)によって必要なサイズは変わるため、平準化ができず、説明が難しいです。。

大引工法の場合

当社としてローデッキに最もスタンダードとしている大引工法は、床板を根太で受け、根太を大引で受け、大引で柱を横留めする方法です。最も束柱の数が減るため、基礎工事が減って施工効率がよく、材料コストも最も抑えられます。スタンダードサイズとしては、床板は 20(30)×105、根太は 30×105、大引は 30×105 or 30×120、柱材は70×70です。上記の画像はそのような構造です。

床板の厚み

床板は20×105、20×120、30×105が一般的です。厚みについて言えば、庭のローデッキで使う分には20mmで充分です。20mm厚のハードウッドの場合、根太のピッチは450~500mm。30mm厚の場合は700~800mm程度になります。30mm厚は根太のピッチが広くなる分、根太の本数は減りますが、全体としてのコストは上がる事が多いです。どちらかというと重歩行向き(上を多くの人が歩く様な場所)なので、施設や公共物件等で使われます。縁側型のデッキや、ステップ等、1スパンで700~1000mm程度の場合は30mm厚を使います。

床板の幅

20×105と20×120は幅の広さが違いがあり、120幅の広い方が意匠的に好まれる場合もあります。しかしながら、120幅はラインナップが無い樹種のほうが多いです。理由は、ハードウッドは基本的に幅広サイズが原木から取りにくい為です。また、幅広によるカップリング(反り)のリスクはあります。30×120の場合、厚みがあるぶん、そのリスクは減ります。基本的には20×105がスタンダードになります。レッドシダー等のソフトウッドの場合は140mmの幅広であったり、90mmの幅狭であったりするので、ハードウッドはその中間あたりに位置します。目地を5mmで取ることが多いことから105mmの幅が定着しました。

根太(ねだ)

根太(ねだ)は2×4系のサイズ(45×70、45×90など)の平使い・縦使い、30×105系の縦使いが使われることが多いです。30×105のメリットは、材積・価格が安く済みどんな樹種でも存在するサイズであることに加え、大引、幕板、ステップ下地、笠木・手すりといった用途で使い回しができることが便利です。根太として30×105を使う場合、下を受ける大引(束)のピッチは1500mmまでも飛ばすことが可能です。

床板の継目

床材を継ぎ目は工夫が必要です。45×70(90)や30×105の縦使いの場合、ビスの打ち幅が狭くなり、床板の端部割れのリスクがある為です。幅としては70以上欲しいところです。その為、45×70(90)を平使いするか、縦使いの根太をダブルにすることで解決します。

大引

30×105で1000~1500mm程度の束ピッチ、30×120ですと1800mm~2000mmまで飛ばせます。大引は縦方向の幅が長ければ長いほどたわみに強くなります。パーゴラで言うところの桁や、空中デッキの梁も同じです。束の上に大引きを載せる工法の場合は、束柱と同じ70×70や90×90だったり、38×90や45×70といったサイズでも問題ありません。その際はその厚みに応じて大引(束)ピッチが変わります。

束柱

70×70、90×90の角材が一般的にありますが、構造の強度としては変わりません。見た目としては90×90のほうがゴツく見えますが、70×70と比較すると価格も60%増し、重量も60%増します。もし幕板を下まで張り下げるようであれば、柱が殆ど見えないので、70×70で十分です。

幕板

幕板は床と同じ20×105を使います。一段の場合は床材や根太に、下まで張り下げる場合は何かしらの下地が必要です。

フェンス板

主流は20×105のサイズで、その場合の柱のピッチはMAXでも1500mm程度です。近年は12mm*100(105)といったフェンス用の安いサイズがあり、大変人気です。その場合の柱のピッチはMAXでも1200mm程度が無難です。横張りの場合、縦方向の歪み、厚み方向の歪みの二つのリスクがあります。

笠木・手すり

フェンス柱が70mm角であれば30(20)×105、90mm角であれば30×120が主流です。

 

ここまで紹介しましたが、作りたいウッドデッキのロケーション、高さ、コンセプトなどによって適切なサイズは変わりますので、あくまで参考として、その都度ご相談頂ければ幸いでございます♪

 

関連する記事

Copyright (c) ウッドデッキ通販|Decks(デックス) all rights reserved.